「ラーメンPASSPORT」2店舗目は、上品な煮干のスープと自家製麺が人気の『中華そば 煮干屋』さん。

こちらのお店は、中郷区の人気店『神楽屋』さんの姉妹店です。

つけダレを選べる夜限定「極太つけ麺」

18:30頃にお店に到着。

店内は、カウンターとテーブル席に数名のお客さん。

カウンターに通され、さっそく注文します。

こちらのお店のメンパス掲載メニュー「極太つけ麺」は、つけダレを「煮干+さんま」「煮干+エビ」のどちらかから選び、麺の量は「1玉・1.5玉・2玉」から選びます。

麺は通常「あつもり」での提供のようです。

今回は、「煮干+エビ」2玉で注文しました。

なお、「中華そば 煮干屋」さんでのラーメンパスポートの利用は、夜営業の18:00~20:30なのでご注意を!!昼は利用できません!!

10分ほどでつけ麺が到着です。

極太つけ麺

極太つけ麺 メンパス利用で780円→500円

つけ麺を十分に堪能!

どんぶりには、お湯につかった極太麺。

エビと煮干しが香る濃厚な魚介スープと、別皿に盛り付けられたチャーシュー、ネギ、メンマ、かいわれ、のり、ゴマ。

急須には、煮干しだしの割りスープが入っています。

まずは、麺だけを一口。

小麦の風味が香る極太の低加水麺はやわらかめ。ゆであげた後、冷水でしめてないのでしょうか?コシはあまりありませんがモチっとした食感がたまりません。

次に、エビと煮干しのつけダレにつけ一口。

殻まで砕いたような強烈なエビの香りが口いっぱいに広がります。あつもりですが麺との絡みも上々です。

次に、具をつけダレに入れ一緒にいただきます。

脂身の少ないチャーシューは柔らかくておいしいですし、ゴマやネギを入れると雰囲気が一気に変わり味の変化を楽しみます。

最後に、つけダレに煮干ダシの割りスープをいれ完食。

十分につけ麺を堪能して大満足の一杯でした!

*ラーメンパスポートの利用は、夜営業(18:00~20:30)のみ!昼は利用できません!!


»詳細情報

住所 上越市藤野新田375-1
TEL 025-520-8009
営業時間 11時30分~15時(14時30分LO)、17時30分~21時(20時30分LO)
定休日 水曜日

 

新潟県上越市藤野新田375-1